« 一年の最後の朝に | トップページ | 一周年 »

2014年2月 3日 (月)

仙川散歩、ふたたび

というよりニワコヤさんに、ふたたび。モーニング目当てで行ってきました。

モーニングは11時まで。トーストorスコーン、 珈琲or紅茶から選べます。
スコーンにしようと、思っていたのですが。トーストはAOSANの食パンを使用していると知って、大いに迷いました。仙川で人気のパン屋さん、AOSANにはまだ行ったことがないのです。日曜休みだし、行列ができるらしいし。

やっぱり……トーストと珈琲、お願いします♪
Photo_6
素敵。
店内もやっぱり、可愛い。
Photo_4

トーストを裏返してみたら。
Photo_3
嬉しや、端っこ☆ パンの耳大好きなので、私的には当たりです。トーストにして正解だったと思いました。

齧ると、バリバリ、パリっと何とも小気味よい音が。粉の風味が豊かな食べ応えのあるパン。好きだわ、こういうの。添えられたジャムは、杏かな。

小さなサラダもついてました。カボチャサラダは甘くて、スイートポテトのような味わい。バターとか入っているのかしらん? もちろん、トーストに乗っけて食べましたとも♪ レタスのドレッシングは梅酢かと。

他のトーストメニューも、気になる。シナモントーストとか。
モーニングも、また食べたいな。次はスコーンと、紅茶で!

カフェを出たら、雨が降っていました。あらら、なんてこと。でも大丈夫、美味しいトーストで心は晴れ渡っているから!  
折り畳み傘を差して、ニワコヤさんの先、実篤公園へテクテクと。

土日は旧実篤邸が公開されていますよ、と公園の入口で教えていただき、立ち寄りました。
風流な庭が望める、素敵な邸宅。水のあるところに住みたい、と晩年は仙川に居を構えたのだとか。小振りのピンクの椿は「ワビスケ」というのだと、ご案内の方が教えてくださいました。

実篤邸を出る頃には雨も上がり。
Photo_7
公園を抜けて、武者小路実篤記念館へ。現在は企画展”「真理先生」の世界”を開催中です。
残念ながら、「真理先生」は未読。
あまりに有名な「友情」「愛と死」などは小学生の頃に読み、その後他の短編もいくらか読んだと思うけれど、晩年の「山谷もの」は手にしたことがなく。
今回の企画展を見て、無性に読みたくなりました。展示に引用されていた文にざっと目を通しただけでも、とても面白い。
現在も発行中の新潮文庫の表紙は、筆者ご本人の絵なのですね。閲覧室にも置いてあったので、つい、読み耽りそうに……いかんいかん、休日が終わってしまう。
図書館にあることを、願います。できれば文庫で(ないだろうな…)
休憩室ではお茶をいただくこともできて、居心地の良い資料館でした。

ところで、ずっと「むしゃのこうじ」と読んでいたのですが、休憩室で実篤の人生のビデオを見ていたら、「むしゃこうじ」と言っていて、あら? と首を傾げました。「の」は入るのか、否か。
同じ疑問を持たれる方がそれなりにいらしたのでしょう。記念館のHPの「よくある質問とその答え」の一番最初に、この点について記載がありました。なるほど。
なかなか癖は抜けそうにないので、当面は「いずれも正しい」と言ってくださった寛容さに、甘えたいと思います。

記念館を出る頃には、再び小腹が空いてきまして。
「八百屋食堂ゆめ」さんで、ランチを。
Photo_8
本日のスペシャルプレート。
白菜の浅漬け、金平牛蒡、柚子大根、手作りキムチ、キャベツとコーンの青のり豆乳コールスロー、ひじきとカシューナッツのサラダ仕立て、サツマイモのオーガニックリンゴ煮。
ご飯とお味噌汁と、サラダもついてきました。
色んなおかずがちょっとずつ、嬉しい♪
甘いものはちゃんと甘く、辛いものはちゃんと辛く。ひとつひとつが実に良いお味で、それぞれは少量でも満足感がありました。とりわけ、ひじきが絶品。このコクは何だろう。大根も、味がしみ込んでいて美味しかった!

この頃には、空はすっかり青空に。あのにわか雨は何だったのかしら。ばっちり遭遇しちゃうなんて、何てバッドタイミング(笑)
でもランチは、玄米ご飯が私で最後だったみたいだから、ある意味グッドタイミング!ということにしておきましょ。

ゆめさんで周辺のお店の地図をいただき、あら、素敵なパン屋さんがあるわ…と、駅の反対方向へ。オーガニック素材にこだわった天然酵母パンのBakery Protea(ベーカリープロテア)さんで、いくつかパンを購入。
1391348401037
全粒粉を使用したカンパーニュと、小さいバケットと、よもぎのベーグル、マクロビオティックのキャロットケーキ。食べるのが楽しみです。
パンを口に咥えた兎さんがトレードマークのお店。雰囲気も可愛かった♪
今回は買わなかったのだけれど、ベジメロンパンというものが、気になりました。

さて、お家に帰ってからも、お楽しみが。
Photo
結局、買ってしまったのでした。ニワコヤさんのスコーン。この厚さと、パンプキンくんのキュートさに惹かれて。袋にひとつひとつ、パンプキンって書いてくださってるのよ。
トースターでほんのり焼き色が付く程度に温めて食べたら、さくさく、ほわりと崩れて、大変美味しかったです。ご馳走様でした!

仙川、ちょっと歩いただけでも魅力的なカフェがたくさんありました。一度で味わい尽くすには、時間と胃袋があまりにも足りない……。
いずれまた、お出かけしたいです。

冬の寒さも苦手なのだけれど、夏の日差しはもっと苦手だから。
お散歩するなら今のうち、今のうち……とばかりに、歩いています。

« 一年の最後の朝に | トップページ | 一周年 »

カフェ・お食事(マクロビオティック等)」カテゴリの記事

モーニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842843/54837346

この記事へのトラックバック一覧です: 仙川散歩、ふたたび:

« 一年の最後の朝に | トップページ | 一周年 »