« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月29日 (火)

vege&grain cafe meu nota

口を開けば「暑い」とぼやいてしまうような日々。
よく晴れた空の下、この度のランチ会では高円寺に集まりました。
待ち合わせは、改札を出てすぐのコンビニ(涼しい!)

駅から歩くこと、数分。辿り着いたのはヴィーガンカフェ、メウノータさん。
商店街がアーケードで、ほっとしました。

ランチは全員仲良く、ベジ&グレインデリプレート♪
タコライスとも迷ったのだけれど、運ばれてきたプレートを見て、こっちにして良かったと思いました。
1406432486075.jpg
なんて、盛り沢山!

夏野菜のフリットは、揚げ立て。揚げる音が聞こえていました。ナスにオクラにニガウリに、トマトまで揚げちゃうのね。全部美味しい~
汁ものは味噌汁かポタージュか選べまして、これまたみんな仲良く枝豆とズッキーニのポタージュをチョイスしました。優しくて、まろやか。
他にも自家製豆腐や野菜のケーク・サレや白トウモロコシやパスタ(フジッリ、で良かったかしら)や野沢菜の和え物など、お皿に少しずつ、たっぷりと。
大満足でした。

全部美味しくって、ひとつひとつに感激したのだけれど、、
一番盛り上がったのが、フリットにどうぞ、と添えられたお塩でした。
(私は説明を聞いていなくて、ごま塩のごとくご飯にかけてしまった……)
1406432700462.jpg
ヒマラヤ黒岩塩。色からして、面白い。味も、面白い!

一人が「ゆで卵の味がする~」と言ったら、もう、そうとしか思えなくて。硫黄の香りのせいみたいです。ガリッと砕けるところもまた、ゆで卵の殻が間違って口に入っちゃった時みたい(褒めています)。
ご飯にかけても、サラダにかけても、フリットにかけても、ゆで卵と一緒に食べてる気分になる! 豆腐にかけたら玉子豆腐に…は、ならなかったけれど;(玉子豆腐はゆで卵じゃないしね)

すっかり気に入ってしまって、これまたみんな仲良く、10gずつ買って帰ったのでした。
豆乳マヨネーズにちょっと入れたら、タマゴサラダになるんじゃないかしら?


メウノータさんは店内がまた、素敵なのです。ドライフラワーや、本や、可愛い装飾がいっぱい!
1406432882604.jpg
せっかくだから、スイーツもいただきました。だってランチデザートは100円だったのですもの。
豆腐のクレームブリュレ。カリリとした表面を叩き割れば、思い出すのはアメリ。確かに幸せな瞬間です。量もたっぷりで、幸せ。
ご馳走様でした!

外に出れば、相変わらずの日差し。近くの雑貨店はちょっと覗いたけれど、それ以上どこかへ行く気力もなくて。
すぐ目の前のCafe&Restaurant Shepherd's purse( シェパーズパース )さんへ、まっしぐら。

外観に惹かれて何気なく入ったカフェだったけれど、これが当たりでした。
1406438500121.jpg
乙女心をくずぐられる、洗練された可愛らしさ。アンティーク家具に、白いティーポット。メニュー表は小花柄のノート。どこもかしこも、なんてお洒落なの。

私はカフェゼリーミルクをいただきました。ミルクに浮かんだ珈琲ゼリーを、ちゅるちゅるとストローで。特に甘くはなくて、氷は入っていないのでそれほど冷たくもなくて、丁度良い感じでした。
こんな店内でなら、何をいただいても美味しさが倍増すると思う!

友達が頼んだのはオリエンタルアイスジャスミンティーにベジタブルティーにヒースブレンド、だったかしら。
珍しいドリンクばかりで、迷う迷う…
ラベンダーレモネードも気になりました。

店名のシェパーズパースって何だろうと思ったら、なずな(ぺんぺん草)のことなのですね(いや、店に入った時点では店名すらよく見ていなかった…)。
メウノータさんにせよ、シェパーズパースさんにせよ、店員さんの笑顔が素敵でした。温かくて、愛嬌もあって。食べ物からだけではなく、良いエネルギーをたくさんいただいた感じ。

そして、友達からもたくさんのエネルギーを。
12時には集まったのに、気づけばあっという間に17時過ぎ。ほんと、いくらでも喋ることあるのよね。

いつもお土産ありがとう!
1406438648273.jpg
ピーナッツバターとレーズンのマフィン。クランチタイプのバターを使っているのかしら、ふんわりしっとりとした生地の中にナッツのコリっとした食感とレーズン特有の酸味が良いアクセント。濃厚でとっても美味しかった!

クッキーの詰め合わせは、3種類。それぞれ違うお先生のレシピを基にしているのですって。味も食感も、それぞれに違うわけです。ほんわか笑顔のココアクッキーは、ほんのりビターでサクサクでした。ころりと丸い一口クッキーは、しっかりした噛み応えで、香ばしい。もう1種類は、明日のお楽しみかなー

旅のお土産は、楽しい演出とともに。貰う瞬間のわくわく感も、ひとしおでした。もちろんサブレそのものも、嬉しい! 大事にいただきます。
ありがとう~

夏は暑くて辛いけれども。また合う日を楽しみに、乗り越えましょうか。

2014年7月 9日 (水)

パティスリー・ポタジエ

久し振りに食べました、ポタジエさんのケーキ。
キャロットチョコフラン。
1404777949806.jpg
池袋西武に出店されていたので。7月末までだとか。

実は人参そのものは、あんまり好きではないのですが。 スイーツになるとどうしてこんなに美味しいのかしら。
人参とマンゴーとチョコの、品の良い甘さが好きです。ご馳走さまでした!

ケーキの他に、スープやお弁当もありました。中目黒にもポタジエ・マルシェという、デリのお店ができたのですね。
本店にはしばらく行っていないなぁ…行きたいなぁ。

野菜をお菓子に使っているお店は、他にも色々あるけれど。
ポタジエさんのスイーツの発想の面白さや洗練された可愛らしさは、やはりすごいと思うのです。

2014年7月 5日 (土)

COFFEE ブリッヂ

昔ながらの喫茶店。 心惹かれる存在です。やがてその歴史とともに失われてしまうかもしれないと思えば、なおさら。
でも何となく、入りづらい面もあります。客層がやはり己の属性と違うのと、何より煙草の匂いに怯んでしまいがち。
西銀座デパートにある「ブリッヂ」も、最初は引き返したのですよ。見るからに煙たそうだと思って。

でも、その後気になって調べてみたら、訪問せずにはいられなくなりました。作家の向田邦子さんが足しげく通い、原稿を書いていた喫茶店だと知ってしまえば。

彼女の本に夢中になったのは、中学生の頃だったかと思います。
兎にも角にも本が好きで、当時は図書館から借りて来るだけでは足りず、親の本棚からも本を拝借していました。子供にも読めそうな本を物色して。
本棚には他にも十冊ほど、彼女の本がありましたから。その面白さを知った時は、これで当面読む本に困らない!と喜び勇んだものです。

最初に何を読んだかは覚えてはいませんが、小説ではなくエッセイだったのは確か。エッセイの面白さを知ったのも、彼女の本が最初でした。それまでエッセイと言えば、吉田兼好か清少納言ぐらいしか思い浮かばず。枕草子より断然源氏物語が好きだった子供にとって、さほど魅力のある分野ではなく。
今でもあまり、エッセイの類は読みません。気になれば何となく、手に取る程度。積極的に読みたいと思うのは、向田邦子さんと、小川洋子さんくらいでしょうか。

さて、そのブリッヂですが。軽食とパンケーキのメニューが豊富です。いずれもお値段は千円前後、ですがドリンクはセットにしても銀座価格。
ただ、数種類あるランチセットはドリンクつきでなかなかお得。 それほど空腹でもなかった昼に、サンドイッチのランチをいただきました。内容は日替わりで、この日はタマゴとツナ。ちょっとつまむにはいいかなーと、思ったのです。

1404529984737.jpg

ところが。サンドイッチは軽食だという概念を覆される ボリュームでした…。

バタートースト3枚にたっぷりの具。おまけにフライドポテト。サラダにはシーザードレッシングとチーズ。何という高カロリーな組み合わせ。お腹が苦しかった…
でもトーストはバターの染み具合といい焼き加減といい、素晴らしかったのです。


だからお腹の空いていた日に、再度挑みました。クラブハウスサンド、結構好きです。

1404529993142.jpg

やっぱり、完食するには苦しい思いをしました…;
でもバタートーストは本当に美味しい。食べ終わる頃には両手がパン屑だらけになるのもまた、よし。具がたっぷりだから、片手では食べられません。


日替わりランチでは、パスタの方が普通のボリュームかと思います。
1404535617655.jpg
お味も一般的な喫茶店のパスタ。たまにこういうの、食べたくなります。


パンケーキを押しているお店だから、こちらも試してみました。
1404535734441.jpg
プレーンパンケーキ。上にのっているのは、生クリームかと思いきやバター。
薄い割にふっくら、もっちりと弾力があり、なかなか好みでした。


ランチパンケーキという、豪華なプレートもあります。
1404535741454.jpg
パンケーキには卵サラダとツナサラダ。スープにサラダにウィンナーもついて、皿から溢れんばかり。
このパンケーキは、スイーツとしていただくのも良いけれど、サラダ類にも合いますね。
カトラリーがケーキ用の小さなフォークひとつというのは、ちょっと食べにくかったですが。せめてナイフが欲しいと思ったものの、ランチタイムでお忙しそうで、店員さんに声をかけられなかったのでした;

会計時には、毎回50円引きの券を2枚くださいます。だからというわけではないけれど、1か月に1回ほどの頻度で、何となく通っていました。
ただ、ある日隣の席に後から座った方の煙草の煙を盛大に浴びてからは、足が遠のきました…喫煙可の喫茶店ですから、仕方がないですね。

いずれ空いている時間を狙って、また訪れたいものです。そして、店員さんにこっそりと、向田邦子さんが座っていらした席はどこでしょうか、と聞いてみたい。

私が生まれたのは、彼女が亡くなるよりわずかに後のことなので。一瞬たりとも同じ時間を生きたことはなく。それを申せば、古典的名作の作家からはもっと遠くに隔てられているのですが。
でもせめて、同じ場所に立ってみたい、なんて思ってしまうのです。

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »