« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月25日 (日)

夢をかなえてくれるホットケーキ

ホットケーキの姿に夢を抱くとしたらそれは、
”とにかく分厚い”ホットケーキ、あるいは、
”いっぱい積み重ねた”ホットケーキ、ではないでしょうか。

つまり、大事なのは高さってことね。
その方が蜂蜜やシロップをかけるのが楽しいし、何よりナイフを入れる瞬間が、幸せ。
まあもちろん、面積のひろーいパンケーキも魅力的ですけど。直径何センチか、計りたくなる。


見栄えの素晴らしさでは、こちらのお店が断トツだと思います。
○ピノキオ(大山)
1421322768285.jpg
ずっと前から、訪問したいと思っていた喫茶店。
年明け早々、初詣より先に、このホットケーキを拝みに行ったのでした;

厚さも素晴らしいけれど、いかにも香ばしそうな焼き色が、美しいと思いませんか。
バターをはじいて、つやつやと輝くのです。
シロップも、滑り落ちていくのです。
ナイフを入れたら、”サクッ”って音がしましたよ。

シロップは最初からかけてありますが、別に添えてくださいます。見た目通りに、粉感の強い食べ応えのある生地だから、カットしてしまえばシロップをぐんぐん吸い込んでいく。
焼き立てはもちろん最高。冷めても美味しい。
分厚いけれど直径はそれほどでもなく、苦しい思いをせずに完食できる大きさかな。
ナポリタンやサンドイッチの後にデザートとしてお召し上がりのお客様も、いらっしゃいました。さすが。


ホットケーキのおともには、私はブレンドコーヒー。一緒に行った人はホットココア。まさかのクリームの盛りっぷりにも、ときめく。

歴史を感じさせる店内には、懐かしいピンクの電話がありました。しかもその電話、現役。鳴るのです。ああいう電話って、かける専用だと思っていたわ…。
音色もまた、懐かしいものでした。

再訪しよう。きっと、近いうちに。次は私、ウィンナコーヒーにするんだ♪


厚さでは、こちらも負けてません。
○ペトラブランカ(戸越)
1421322777286.jpg
戸越銀座商店街の途中、道を折れた少し先にある、白を基調とした素朴でお洒落なカフェ。
せっかくだから、ホットケーキとスープのセットをいただきました。

ナイフを入れるとふわっと湯気の立つ、焼き立てホットケーキ。一口頬張った瞬間、予想外の美味しさに驚きました。
いや、完璧な見た目からして美味しさには相当期待していたのだけれど、美味しさの方向性が予想外だった言いますか。
いっぱいに広がるのは、バターの香り。
とにもかくにもバターが効いていました。でも、しつこくはない。粉と卵の優しい味わいも充分。ほわっとしているけれど密度は高くて、しっとりしているけれども粉感もあって、ほんのり甘くて、表面は香ばしくて。
うわ、美味しい。

シロップはなし。バターのみで味わう、潔いシンプルさ。この味ならば、納得でしょう。
スープは月替わりなのかな。白菜と玉ねぎのスープもまた、シンプルで優しい味でした。
ドリンクは、ホットケーキなら珈琲だろうと思いつつ……有機梅を使っているところに心惹かれて、”ほっと梅”を。あったかい梅ジュースのような感じです。梅の香りもまた、大好きなんだ。
1421322852075.jpg

焼き菓子のテイクアウトをお願いしたら、まるで和菓子のように、紙で包んでくださいました。見るとなかなか、面白いことが書いてあります。
1421577599846.jpg
スコーンは、パイのような層が見事。あまり甘くはなく、バターが存分に効いていました。
ブラウニーには、柚子ピール入り。珍しくって、思わず…。濃厚で美味しい。
きめ細かな断面も焼き色も美しい、見目の完璧なアーモンドのパウンドケーキは、味も完璧でした。
うむ、ここはホットケーキにしろ何にしろ、とにかくバターが決め手ですね。

小さなお店は、午前中でも満席に。
こんなところに、なぜこんなお店が…?と、思わないでもないけれど。こういうところにあるから、成り立つお店なのでしょう。



そして、スカイツリーには負けじとばかりに…
○ミモザ(浅草)
1421323074507.jpg
5段重ねのホットケーキ!
上は小さく、下は大きく、段々に。不揃いなところがまた、すてき。

この段々を目の前にしたらもう、シロップを流さないわけにはいかない。
1421323083226.jpg
積み重ねられたホットケーキの上からシロップをかけ、流れ落ちるさまをとくと眺める。これぞ、夢ではないでしょうか!
正直、これをやりたかった(笑)

何しろ、その名も”ビッグホットケーキ”
一応、注文前に「一人で食べ切れる大きさでしょうか…」とお尋ねしたところ、私の不安にお店の方がご配慮くださり。これは通常よりはやや小さめ、だそうです(これでも!)

粉感が強くて、ちょっとかためで、むっちりとした噛み応えがあるホットケーキ。添えられているのはホイップクリームと、カルピスバター。シロップもぐんぐん吸い込みます。
大きい方から3枚食べ終えたところで一瞬、手が止まりましたが。その後は意外とさくさくと、スピードダウンすることもなく完食。
お店の方も「食べ切れたじゃないの~」とお褒めくださりました。いや、ほっとされたのかな。
すかさずお水のお代わりをくださるあたり、慣れていらっしゃる。

正直なところ、食べ終えたその瞬間は、普通サイズでもいけたかも? と思ったのです。
お店の方のご配慮に心底感謝したのは、数時間後でした。粉ものは、お腹の中で膨らんでくるのですよ。やっぱり苦しかった^^;
2人で一つぐらいがちょうどいい量なのではないかと、思量いたします。

珈琲も、とても美味しかったです。ご馳走さまでした!
常連さんが圧倒的に多いようでしたが、初めてでも居心地は悪くなく。煙草さえ気にしなければ、過ごしやすいお店でした。
手作りのプリンやスコーンも気になるので、またいつか。



いずれも、駅から少々距離があるお店です。
ピノキオ、ペトラブランカは最寄駅から10分くらいかな。
ミモザは、浅草駅からだと20分以上歩いたような?
でも夢のようなホットケーキに会えるなら、それくらい何のその。そして食べた後はなおさら、運動が必要……かもしれません。

2015年1月14日 (水)

みねらる補給

皆さま初詣はお済みでしょうか。
新年を迎えて早々に寒空の下お参りする方も多いのでしょうが、そんな気力のない私は大体、ゆっくりです。
それでも三が日のうちには、と思っていたのに、今年はそれもままならず(初商に忙しかったのね、などと指摘してはいけません…)。
お蔭さまで人混みになやまされることもなくのんびりとお参りできましたが、それはそれでちょっと、寂しいものです。初詣らしさが半減するというかね。
ちなみに、出かけた先は阿佐ヶ谷。というと、神社はどこか分かると思いますが。

せっかくお出かけしたのだから、美味しいものを食べたい!というわけで、ずっと前から行きたいと思っていた「みねらる屋」さんへ。
1420937881095.jpg
みねらる屋ランチセットをいただきました♪ 30品目以上摂れるバランスの良いお食事、とのことです。
その日のメインは、からりと揚げたテンペやお野菜を甘辛い餡にからめたもの。もちろん揚げ立て! 美味しい!
穏やかな酸味のコールスロー(かな?)や、牛蒡の和え物も、好きな味でした。
ご飯は、黒米入りの玄米か雑穀入りの胚芽米を選べます。せっかくなのでハーフに。玄米がもっちもちで、まあなんて美味しいこと。

私がいただいたランチセットはヴィーガン対応ではなかったので、一匹海老さんもいましたが、動物性のものはそれだけだったかな。ぷりっぷりでした。海老は今でも好きなので、嬉しかった。
メニューは結構豊富で、ヴィーガン対応のものもいくつかありましたよー。

お店は奥がカフェ、手前が物販。お弁当やスイーツも扱っています。
そして、玄米ドーナッツが、すっごく美味しかったの! 食後のオーガニックコーヒーに小さなドーナッツがついていたのだけれど、もっちもちで、香ばしくて、ほんのり甘くて、とても気に入ってしまって。普通サイズのドーナッツもひとつテイクアウト。


日曜がお休みなのでタイミングが難しいけれど、気になるメニューも色々あったので、ぜひともまた行きたいです。
ごちそうさまでした。

2015年1月11日 (日)

東京駅周辺美術館共通券2014

美術館めぐりには毎年「ぐるっとパス」を大いに使っていますが、昨年は「東京駅周辺美術館共通券」なるものを見つけて、買ってみました。
5つの美術館に、それぞれ1回ずつ入館できるというもの。3千円だから、前売り券よりお得かな。
使用期間が1年間というのが、嬉しいです。ぐるっとパスは2か月だもの。

以下、何に行ったかという自分のためのメモ。

○三菱一号館美術館「ザ・ビューティフル 英国の唯美主義1860‐1900」
とにもかくにも、美しい。淑やか、艶やか。美人揃いで見惚れました。
アルバート・ムーアの名前は初めて知ったかもしれません。

○東京ステーションギャラリー「洋画家たちの青春 白馬会から光風会へ」
リニューアルしてから初めての訪問。美しく生まれ変わったこと。入口付近にあった「入道雲」という絵が印象に残っています。
観終わったら、駅北ドームの吹き抜けを見渡せるバルコニーへ。いつも天井を見上げている広場を見下ろせて、その天井をいつもより近いところから望めて、不思議な感じでした。

○出光美術館「宗像大社国宝展 神の島・沖ノ島と大社の神宝」
開館直後に行ったにも関わらず、すごい人出で驚きました。ここ、こんなに混むところだったかしら。国宝の力? いやいや、もっと敬虔な志なのでしょう…
にしても、展示物がことごとく国宝なのです。眩暈が。。
島は女人禁制だそうですが、本土の社にはいつか行ってみたい。

○三井記念美術館「雪と月と花 国宝「雪松図」と四季の草花」
てっきり、丸山応挙の雪松図屏風が見れるものだと行ってみたら、展示は年が明けてからでした。私が行ったのは12月末。共通券の使用期限が年内だったので、仕方ない。とほほ。でも、日月松鶴図屏風も圧巻でした。
キャプションに雪月花のマークがあり、例えば雪に関する展示品の場合はそのマークが青(他はグレー)、という分かりやすい案内が面白かったです。3つともカラーだと、ちょっと得した気分(?)

美術館に行く前に、コレド室町のGELA C (ジェラシー)にて腹ごしらえを。
1420937155823.jpg
ジェラート屋さんなのですが、10時までは素敵なモーニングセットが。以前から気になっていたのです。
ヨーグルトには、フルーツがたっぷりと! 見えないところにもリンゴやバナナがいっぱい隠れていました。 
トーストには、キウイと柑橘系のジャム。通常はフルーツバターがついてくるらしいのですが、この時はお休み中でした。代わりにフロマージュブラン?のようなものと、ベリーのソース。これもトーストにぴったりで、おいしかった!

すぐ近くの「炭火焙煎珈琲 凛」も朝から営業していました。以前ランチ会で、東銀座のお店に行きましたネ。
こちらにもモーニングあるみたいなので、次回試したい。
…美術館とどっちがメインか分からない、なんて仰らないで。

○ブリジストン美術館「ウィレム・デ・クーニング展」
抽象にしてはもとの形をとどめているけれども、具象にしては目に見える姿から離れていて。タッチが激しい割に、どこか柔らかな印象でした。色が明るいからかしら。


ブリジストンと三井記念美術館はぐるっとパスにも含まれているからよく行っていたけれど、他は面白そうだなと思いつつ見過ごすことが多かったので、良いきっかけになりました。
今年も買おうかな。

大体、何にでも興味はあります。ブログには敢えて書いていないけれど、美術館の類には他にも色々行きました。
ただ、何でも面白がってしまう分、お得な方に流れてしまうわけです…
「ぐるっとパス」を使い始めてから、他の美術館の企画展は「これは行かなきゃ!」というものでなければ、見送ってしまうことが多くなった気が。そもそも、チェックさえしていなかったり。
楽しんでいるのだから、それはそれで悪いことじゃない。でも、面白いものをたくさん見逃しただろうなあ、と思うと、もったいない。
今年はもっと、範囲を広げよう。

もっとも、ぐるっとパスも使い続けます。2014年度版も一冊購入済み。3月末までだから、そろそろ使い始めなきゃ(ところで、私はいつも「メトロ&ぐるっとパス」を買うのだけれど、メトロの1日乗車券も3月までになっていました。昨年まで期限はなかったような?)。
庭園美術館の再開が、嬉しい!
対象施設が増えたり、減ったり、内容が変わったり。それなりに変化はあるので、私のお出かけ先もそれに合わせて、変わっていくのでしょう。

2015年1月 4日 (日)

あけまして、おめでとうございます。

本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

ブログの更新は相変わらずまったりとしたペースですが、のんびりと、気の向くままに、続けていきたいと思っております。
お時間に余裕にある時にでも覗いていただけたら、幸いです。

今年はお節料理も作らず、大掃除には取り掛かりもせず、何の用意も心構えもしないまま、新年を迎えました…。お蕎麦はいただきましたけれどもね。
振り返れば何をしていたのでしょう、私。

取り敢えず、映画はいっぱい観ました! 大晦日はレディースデイ、元旦はファーストデイ。これを逃すわけには。
何よりも、ホビットですね。とうとう完結。しばらくはこれほど心待ちにする映画もないなあと思うと、寂しいです。

六本木のティム・バートン展も行きましたよ。シザーハンズやスリーピーホロウが好きなので(正直、マーズアタックあたりは苦手)。
ユーモラスでグロテスクな世界。スケッチが沢山あったり短編映画が上映されていたりして面白かったのだけれど、それ以上に、すごい人混みに疲れてしまって。 
彼がいかに人気があるかは、よく分かりました; 



年が明けてからは、初商!

今年もチャヤマクロビオティクスの福袋、無事入手しました♪
1420377483429.jpg
汐留、新宿、日比谷とめぐりまして。
共通して入っていたのはコーンポタージュ、ミネストローネ×2、三年番茶、豆乳マヨ、グラノーラ、かな。
汐留店のにはパウンドケーキが入っていて、嬉しい!

これらの食品はいくらあっても困らないものですが、お目当てはやっぱりお食事やケーキセットのチケットですね。使用期限は4月末まで。忘れず使わなきゃ。


こだわり市場の福袋も、池袋で買いました。色んなお菓子に生姜湯やドライフルーツミックス、オーガニックの紅茶まで入っていて、千円はかなりお得だと思う。
スナック菓子は、映画のお供にいただく予定。
1420377642248.jpg
新宿ではチャヤの福袋を買うついでに、伊勢丹の地下2階も物色してみました。自然派コスメの福袋がいっぱい!
咄嗟に探したのは、ナチュラグラッセ。普段から割とよく使っているので。UVパウダーにアイカラー、ベースとパフが入って4千円ちょっとなら、納得。
ジョンマスターの福袋にも心惹かれたのだけれど、あまりに重くて、諦めました…; 

そう、福袋の類は食品にせよ衣料品にせよ何にせよ、いつも使っているお店やメーカーのものを買えばまず失敗はしないと、分かっています。
お得かも? と思って未知のものに手を出すと、後悔する…。

そういえばシャンプーがそろそろなくなるなぁと思ってハンズを覗いてみたら、ナチュラル系のヘアケアセットがお安かったので、つい買ってしまい。
いや、つい買っちゃったのは、出雲の湧き水を使用しているという点(神話が好きなので…)に加えて、表参道のシンシアガーデンのお食事券がついていたから、なのですが;
どうも、個人的には香りが少々、苦手かもしれない…。
ま、良し悪しは使ってみないと分からないので。試してみましょう。


あとは、有楽町イトシアにて、マンチーズデリの福袋を。袋、と言っても軽いもの。購入金額の倍額の商品券です。
お野菜中心の無添加デリも素敵ですが、オーガニックの豆乳やお茶も扱っているので、いざとなればそれを買うのもありかな、なんて。
おまけでついてきたチーズケーキも、美味しかったわ。


他にも魅力的な福袋は色々、あったのですが。
人混みと、重さに、諦めました;
キャリーケースをひっぱっている方、多かったですねえ。さすがです。

福袋は、お得かどうか。
お値段的には確かにお得なのでしょうが、本来必要ないものまで買ってしまうのだから、果たして…と思う面はあります。
でも、得した!と思って満足するのだから。何より、楽しいのだから。それでいいと、開き直っています。


新しい年が、楽しい、楽しい、一年になりますように!

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »