« みねらる補給 | トップページ | ヴィロンの朝食 »

2015年1月25日 (日)

夢をかなえてくれるホットケーキ

ホットケーキの姿に夢を抱くとしたらそれは、
”とにかく分厚い”ホットケーキ、あるいは、
”いっぱい積み重ねた”ホットケーキ、ではないでしょうか。

つまり、大事なのは高さってことね。
その方が蜂蜜やシロップをかけるのが楽しいし、何よりナイフを入れる瞬間が、幸せ。
まあもちろん、面積のひろーいパンケーキも魅力的ですけど。直径何センチか、計りたくなる。


見栄えの素晴らしさでは、こちらのお店が断トツだと思います。
○ピノキオ(大山)
1421322768285.jpg
ずっと前から、訪問したいと思っていた喫茶店。
年明け早々、初詣より先に、このホットケーキを拝みに行ったのでした;

厚さも素晴らしいけれど、いかにも香ばしそうな焼き色が、美しいと思いませんか。
バターをはじいて、つやつやと輝くのです。
シロップも、滑り落ちていくのです。
ナイフを入れたら、”サクッ”って音がしましたよ。

シロップは最初からかけてありますが、別に添えてくださいます。見た目通りに、粉感の強い食べ応えのある生地だから、カットしてしまえばシロップをぐんぐん吸い込んでいく。
焼き立てはもちろん最高。冷めても美味しい。
分厚いけれど直径はそれほどでもなく、苦しい思いをせずに完食できる大きさかな。
ナポリタンやサンドイッチの後にデザートとしてお召し上がりのお客様も、いらっしゃいました。さすが。


ホットケーキのおともには、私はブレンドコーヒー。一緒に行った人はホットココア。まさかのクリームの盛りっぷりにも、ときめく。

歴史を感じさせる店内には、懐かしいピンクの電話がありました。しかもその電話、現役。鳴るのです。ああいう電話って、かける専用だと思っていたわ…。
音色もまた、懐かしいものでした。

再訪しよう。きっと、近いうちに。次は私、ウィンナコーヒーにするんだ♪


厚さでは、こちらも負けてません。
○ペトラブランカ(戸越)
1421322777286.jpg
戸越銀座商店街の途中、道を折れた少し先にある、白を基調とした素朴でお洒落なカフェ。
せっかくだから、ホットケーキとスープのセットをいただきました。

ナイフを入れるとふわっと湯気の立つ、焼き立てホットケーキ。一口頬張った瞬間、予想外の美味しさに驚きました。
いや、完璧な見た目からして美味しさには相当期待していたのだけれど、美味しさの方向性が予想外だった言いますか。
いっぱいに広がるのは、バターの香り。
とにもかくにもバターが効いていました。でも、しつこくはない。粉と卵の優しい味わいも充分。ほわっとしているけれど密度は高くて、しっとりしているけれども粉感もあって、ほんのり甘くて、表面は香ばしくて。
うわ、美味しい。

シロップはなし。バターのみで味わう、潔いシンプルさ。この味ならば、納得でしょう。
スープは月替わりなのかな。白菜と玉ねぎのスープもまた、シンプルで優しい味でした。
ドリンクは、ホットケーキなら珈琲だろうと思いつつ……有機梅を使っているところに心惹かれて、”ほっと梅”を。あったかい梅ジュースのような感じです。梅の香りもまた、大好きなんだ。
1421322852075.jpg

焼き菓子のテイクアウトをお願いしたら、まるで和菓子のように、紙で包んでくださいました。見るとなかなか、面白いことが書いてあります。
1421577599846.jpg
スコーンは、パイのような層が見事。あまり甘くはなく、バターが存分に効いていました。
ブラウニーには、柚子ピール入り。珍しくって、思わず…。濃厚で美味しい。
きめ細かな断面も焼き色も美しい、見目の完璧なアーモンドのパウンドケーキは、味も完璧でした。
うむ、ここはホットケーキにしろ何にしろ、とにかくバターが決め手ですね。

小さなお店は、午前中でも満席に。
こんなところに、なぜこんなお店が…?と、思わないでもないけれど。こういうところにあるから、成り立つお店なのでしょう。



そして、スカイツリーには負けじとばかりに…
○ミモザ(浅草)
1421323074507.jpg
5段重ねのホットケーキ!
上は小さく、下は大きく、段々に。不揃いなところがまた、すてき。

この段々を目の前にしたらもう、シロップを流さないわけにはいかない。
1421323083226.jpg
積み重ねられたホットケーキの上からシロップをかけ、流れ落ちるさまをとくと眺める。これぞ、夢ではないでしょうか!
正直、これをやりたかった(笑)

何しろ、その名も”ビッグホットケーキ”
一応、注文前に「一人で食べ切れる大きさでしょうか…」とお尋ねしたところ、私の不安にお店の方がご配慮くださり。これは通常よりはやや小さめ、だそうです(これでも!)

粉感が強くて、ちょっとかためで、むっちりとした噛み応えがあるホットケーキ。添えられているのはホイップクリームと、カルピスバター。シロップもぐんぐん吸い込みます。
大きい方から3枚食べ終えたところで一瞬、手が止まりましたが。その後は意外とさくさくと、スピードダウンすることもなく完食。
お店の方も「食べ切れたじゃないの~」とお褒めくださりました。いや、ほっとされたのかな。
すかさずお水のお代わりをくださるあたり、慣れていらっしゃる。

正直なところ、食べ終えたその瞬間は、普通サイズでもいけたかも? と思ったのです。
お店の方のご配慮に心底感謝したのは、数時間後でした。粉ものは、お腹の中で膨らんでくるのですよ。やっぱり苦しかった^^;
2人で一つぐらいがちょうどいい量なのではないかと、思量いたします。

珈琲も、とても美味しかったです。ご馳走さまでした!
常連さんが圧倒的に多いようでしたが、初めてでも居心地は悪くなく。煙草さえ気にしなければ、過ごしやすいお店でした。
手作りのプリンやスコーンも気になるので、またいつか。



いずれも、駅から少々距離があるお店です。
ピノキオ、ペトラブランカは最寄駅から10分くらいかな。
ミモザは、浅草駅からだと20分以上歩いたような?
でも夢のようなホットケーキに会えるなら、それくらい何のその。そして食べた後はなおさら、運動が必要……かもしれません。

« みねらる補給 | トップページ | ヴィロンの朝食 »

カフェ・お食事(その他)」カテゴリの記事

カフェ・お食事(その他)」カテゴリの記事

パンケーキ・ホットケーキ」カテゴリの記事

パンケーキ・ホットケーキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1842843/58594006

この記事へのトラックバック一覧です: 夢をかなえてくれるホットケーキ:

« みねらる補給 | トップページ | ヴィロンの朝食 »