« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月25日 (金)

花よりスイーツ!

春ですね。薄紅色の花びらが空に映え、
Photo

真っ白なゆきやなぎは溢れんばかり。
Photo_2


花の美しい季節です。
そして、スイーツも美味しい季節。
Photo_4
花より団子。というか、花よりケーキ?

友達にアフタヌーンティーのティーチケットをもらったので、早速使わせていただきました♪
まあね、私がアフタヌーンティールームに行って、ドリンクだけってことはないですよ;

苺のモンブラン! ピンクのクリームが可愛い。春めいています。
Photo_5

アフタヌーンティーのショートケーキって、スポンジふわふわですよね。

挟んであるクリームは珈琲味でした。

 

そして、肝心のティー。
Photo_6

ティー?
Photo_7

チャイクリームフロート。メニューには“バニラアイスを浮かべて”と書いてありましたが。まさかのダブル。たっぷり生クリーム添え。
浮かんでいません、思いっきりのっかっています(笑)
こんなボリュームだとは思わなかった!

 

真っ当なバニラアイス、美味しかったです。

チャイそのものは甘くはなくて、こっくり、良いお味。スパイシーというほどではないかな。まろやかで、飲みやすい。アイスに絡めると、さらに素敵なお味。

ドリンクというより、アフォガートみたい。
もちろん、アイスと生クリームはケーキにもそっと添えていただきました。

 

ケーキの春めいた可愛らしさをもってしても、チャイの迫力に負けている…
Photo_8

デザートを2ついただいてしまったようなもの。でも実はランチだったので、カロリー的には丁度良かったかも。栄養バランス的には問題だとしても(笑)

 

ご馳走さまでした。お陰様で、春のスイーツを満喫しました。

すてきなひとときを、どうもありがとう!

 

 

2016年3月14日 (月)

川越の五百羅漢像

村上隆の五百羅漢図展に行ったから、というわけではありませんが…
川越にある喜多院の、五百羅漢を拝観してまいりました。
Photo_2
Photo

ほんと偶然というか、なりゆきなんですけどね。
東武東上線でお出かけする予定があり、じゃあついでに川越でモーニングしてどこか観光して行こうと思って、川越までの道中、駅で入手したチラシを眺めていたら、喜多院の五百羅漢が目に留まったというわけです。朝割と早い時間から開いていたし。

ものごとは意図せず、つながります。

 

実際には、五百体以上いらっしゃるようです。

Photo_3

色んな表情、色んなポーズ。
Photo_4
Photo_5

お酒を酌み交わしていらっしゃる?
Photo_6
わけではなくて、灯油を注いでいるところらしいです。

喜多院の前に、中院へも行きましたが、季節の花々が見事でした。とりわけ白木蓮に、目を奪われることしばし。
Photo_7
Photo_8

川越には何度も行っているけれど、こちらの方面に行ったことがなかったので、良い機会でした。


++++++++++++++++++++++++

もともとの目的は、こちら。
Photo_9
ビアトリクス・ポター資料館!

Photo_10

もう、何年も前から行きたいと思っていたのに。何年越しの目標達成かしら。

ポターが暮らし、物語の舞台ともなったヒルトップ農場を再現したという、可愛い資料館。緑のきれいな季節なら、もっと絵本のような風景になることでしょう。
Photo_11

館内にはピーター・ラビットの初版や私家本等、貴重な資料が。手のひらサイズの可愛らしい絵本。ポターのこだわりは今も守られているのですね。

 

内部は撮影禁止ですが、撮影可能なスポットもありましたよ。
Photo_12
撮影用に、手にはめるお人形も置いてあったので、ちょっと遊んでみた(笑)


素敵な場所でした。季節が変わるごとに訪れたくなるような。ただ、最寄りは高坂駅とちょっと遠いのと……こども動物自然公園の中にあるっていうのがね;

入園料が別途必要になるんですもの。

ま、動物園も楽しみましたけれども。
Photo_13
ワラビーとか、目の前にいるんですよ! びっくり。近い、近い。
Photo_14

こちらはカンガルー。ちょっと怖かった…。
Photo_15
写真にしてしまうと分からないけれど、ワラビーより一回り大きくて、ジャンプするときの足音も、ずしんと響く。
それが、目の前を横切ったりするんですもの。大人でも、びくびく;;

 

カピバラさんは、入浴中。カピバラ温泉ですって。Photo_16

気持ちよさそう…だけれど、ここまで密集していると、ちょっと、可愛いって言葉がでてこない;;
Photo_17


コアラさん。おお、動いてる。
Photo_33

でも動くのはちょっとだけ。あとはひたすら、食べてました。ずーっと、もぐもぐしてるの。みんな。
Photo_19
Photo_20
Photo_34
もぐもぐもぐもぐ。
寝てるか食べてるかどっちか、なのね。生き物としてはとても真っ当だと思う。

 

ペンギンさーん。

Photo_35

泳いでる姿ってつくづく、鳥には見えませんよね。
Photo_23


動物園、ひとりでめぐったの?とか、聞いてはいけません。。

++++++++++++++++++++++++

なぜ高坂駅のついでに川越かというと、埼玉S級グルメきっぷという、東武東上線の一日乗車券とお食事券のセットが発売されていたので…。
乗り放題っていうのが、好きなんですよねえ。

お食事のできる店舗の中に、秩父の“月のうさぎ”があったので、とても心惹かれたのですが、秩父まで行く余裕はなく。

小川町の“自然処 玉井屋”でランチをいただきました。
Cimg9013

これが、美味しくって!

お酒の仕込みに使うというお水からして、美味しい。清雲酒造さんの食事処なのです。
Photo_24
飛竜頭はあったかくて、ふわふわでした。

主菜は豚、鶏、鮭から選択。少々悩み、鮭の清雲漬けを。
このところ魚介類が苦手になってきているので、少々不安はあったのですが、粕の旨みが染み込んで魚臭さは全くなく、柔らかくて。美味しかったです。

Photo_32
ご飯はとろろか桜ずしか選べて、私は後者を。桜が程よく香って、これまた美味しかった。
ただ、鮭がとても良いお味だっただけに、やっぱり白ご飯が欲しかったなーと、ちょっと思った;

サービス内容は、通常の「月御膳」にドリンクがついたもの。
前菜はビュッフェ形式で、お好きなだけ。
Photo_25
この日は、切り干し大根に人参のマリネ、のらぼう菜の辛し和えでした。

お味噌汁はもちろん粕汁。
デザートには酒粕のブラマンジェまでついて、酒粕づくし。
Photo_26

ここなら、お肉も美味しくいただける気がします。
一人でこういうお店に入るのって、ちょっと勇気がいるのだけれど、店員さんの対応も気配りに満ちていて、ほっとしました。また行きたいな。

 


ちなみに川越のモーニングは、マチルダさんのパンケーキ。
Photo_27

シンプルに、プレーンにしました。これで500円って、すてき。パンケーキはちゃんと焼き立てだし。薄くてもっちりしたほんのり甘い生地、美味しいのです。
Photo_28
店内にはちょっとびっくりするのだけれど、仕事も対応も丁寧。珈琲のミルクは、ちゃんと温めてありました。

 

ごちそうさまでした!

 

川越でモーニング&中院・喜多院 → 小川町でランチ → 高坂の自然公園と、電車も大いに利用しつつ、結構歩きまして、

この日の携帯電話の万歩計は、約38,000歩。よく、遊びました。

2016年3月 6日 (日)

村上隆の五百羅漢図展

blogネタにどうぞ、と友達にご招待いただいたので、ありがたく記事に使わせていただきましょう。

森美術館にて開催中の、「村上隆の五百羅漢図展」へ行ってきました! 3月6日まで…って、今日ですねー
通常も閉館時間が遅いから仕事帰りに行くことも可能ではあるのですが。ラスト3日間は深夜までオープンですって。すごい。

 

入口からして、すごい(こわい…っ)
Photo

中はもっと、すごい!
Photo_6
Photo_7
Photo_8

不思議な造形に複雑な色彩、独特な光沢。細部に至るまでみっちりと作り上げられた世界。
そして、とにかく大きい。形あるものを表現するにあたっては、それをどれくらいの大きさに仕上げるかは重要な点なのだと、改めて感じ入ったことでした。当然のことながら。

 

何よりの見どころややはり五百羅漢図。五千体の羅漢、四神、霊獣。
4
Photo_3
Photo_4
Photo_5

古典にも倣いつつ色んなところから着想を得て大胆に盛り込んでいて、目がくらむ。面白い。

これは何?
Photo_10
と思ったら、バクですって。友達大正解。

撮影OKだったのでそれなりに撮ったけれど、やっぱり写真は記念というか、思い出すよすがですね。二次的な作品にはなり得るとして。

実際に目の前にした時の迫力は、全然違う。
Photo_11
Dokuro

膨大な制作資料や、村上氏の年表も面白かったです。

ツボにはまったのが、出口付近にいた白虎のお人形。

見比べると分かるけれど、目の色が変わるのです。耳が動くのです。さらに、喋るのです!

Photo_12
Photo_13
わしは白虎だ びゃっこー
西の守護神 白虎だ びゃっこー
英語ではホワイトタイガーだ びゃっこー
つーか、虎じゃー! びゃっこー

うん、虎だね(笑)
びゃっこー、という言い方がすごく可愛くて。真似したくなる~

 

たっぷり楽しんだ後はさすがに空腹で、ヒルズ内のsakura食堂にて、私は遅めの夕食を。玄米ご飯が嬉しい。

Photo_14

美術館にはよく行くけれど、一人が多いので。人と一緒に行くと、より印象深く、楽しく、記憶に残る気がします。圧巻の大作、面白かったです。
誘ってくれて、夕食にも付き合ってくれて、ありがとう♪

 

びゃっこーー!

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »